導入事例

NRシリーズを
ご導入頂いた
お客様の事例を紹介します。

大容量のNR1200を導入し、

大型プラスチック成形品の
ハイサイクル化に成功!!

課題・成果

KGM経営戦略製作所
代表
古賀寿彦氏

01

課題1 金型の冷却水管の汚れの影響で
成形のサイクルタイムが長くなっていた

成果1 定期的に洗浄が出来るので、
汚れが付着しなくなり成形のサイクルタイム
が50%改善

02

課題2 水管を洗浄するために金型を分解しなければならず2〜3日間も要していた

成果2 金型を分解する必要が無くなり洗浄に要する時間は2時間程度と劇的に改善

03

課題3 洗浄する際に薬品を使っていたので、廃棄するのに手間がかかっていた

成果3 水だけで洗浄するので、作業者の健康被害もなくそのまま流せるので廃棄コストもゼロに

導入背景と課題

自動車のプラスチック成形部品を製造する株式会社キタガワは、業界トップクラスの品質と適正価格を武器に、国内だけでなく海外の自動車メーカーにも部品を納めています。
そんな株式会社キタガワのプラスチック製品の射出成形において、金型の冷却効率は製品コストに直結する最も重要な指標です。

新興国での自動車需要の増加よって、株式会社キタガワへの自動車メーカーからの部品発注数量も増加しました。さらに自動車メーカーは生産のリードタイムを短縮するために、部品納期の短縮を要望してきました。
この要望に応えるためには、金型の冷却効率を高めて成形のサイクルタイムを短縮する必要がありましたが、金型の水管を洗浄するためには、 射出成形機から金型を取り外し、さらに分解して洗浄する必要があるため、そのタイムロスによって自動車メーカーの要望する納期に応えるのは難しいと一度は判断していました。

そんな状況だった2016年1月にNR1100を導入すると、金型を分解せずに毎日1時間の洗浄をするだけで冷却効率を高い水準で維持することが可能となり、自動車メーカーの要望する納期に応えることが出来ました。

ブルーエンジニアリングの洗浄機を選んだ理由 金型を分解せずに水管の洗浄が可能な機種を複数テスト 薬品を使わず、水だけで高い洗浄能力を持ち、安全性と環境との融和性も実現するNR1100の導入を決定

射出成形機の稼働時間にほとんど余裕が無いほどの高い生産性を求められ、ちょっとしたトラブルによる稼働停止も許されない緊迫した状況が常に続き、最近は技術者たちにもピリピリした空気が漂っていました。
そのため、金型の水管を洗浄するためには3日分を在庫として生産した上で、計画した時間の中で絶対に完了させることが求められ、金型メンテナンスの部署もその度に残業や休日出勤が増加するという悪循環が生まれていました。

現場としては、水管が汚れる前に日常的に洗浄をする「予防保全」を行いたいと考えていましたが、分解と組立に要する時間が壁となり、実現していませんでした。また、洗浄時に使用する薬品の取り扱いにも大きな手間を感じていました。
一方、経営陣も射出成形機の部署と金型メンテナンスの部署における残業と休日出勤を削減することと、全社的に環境対策を強化することが大きな課題だと感じていました。

そんな時にブルーエンジニアリングの水管洗浄機を展示会で初めて目にして、「これなら全ての課題を一度に解決することが出来るかもしれない」と思い、その場でテスト機の貸出を申し込みました。

テストでは、他社の同等品とも比較を行い、洗浄能力が高いことに加え、水だけで洗浄する環境への優しさも決めてとなりNR1100の導入が決定しました。
「正直な話、導入時のコストはNR1100が最も高かったんです。しかし、薬品を使わないことによる技術者の負荷軽減の効果や薬品の廃棄代、ランニングコストなども考慮すれば数年で同等となり、いずれ逆転します。 そして何よりも環境に優しいというお金では測れない、企業の社会的責任を果たしてくれる効果が何よりも大きかったですね」

導入後の成果 技術者の負荷を大きく軽減し、生産性も想定以上に高まる 「事後保全」から「予防保全」への転換は社内全体へと波及する副次効果も

金型を分解せずに洗浄することが可能となったことで、1日に1〜2時間程度の非生産時間に必ず水管洗浄を行うようになりました。
その結果、輸出成形時の冷却時間を5秒短くしても品質に影響が出ないことが分かり、大きな生産性の向上につながりました。
さらに金型メンテナンス部署は多くの金型の分解と組立の手間から開放され、残業時間と休日出勤が大幅に削減されました。

この成果は社内の他の部署にも共有され、壊れてから直す事後保全の考え方から、壊れないように対処し続ける予防保全の考え方への転換を促しました。
そして、この考えは生産の現場だけでなく経営陣にも大きな影響を与え、会社の経営も予防保全の考え方で、現場で問題が起こる前にあらゆる事態を想定して、あらゆる投資を行っていかなければならないという教訓をもたらしました。

NR1100の導入は、「金型の水管の汚れを落とす」という小さな出発点から、企業の経営を改善するという大きな成果を生み出し、ROIなどの指標だけでは測ることの出来ない素晴らしい設備投資でした。

ご利用の洗浄機
NR-1200
NR-1200

流量200L/min程度まで向け

接続口は40A1系統15A6系統搭載

商品一覧を見る
ブルーエンジニアリング製品を1週間レンタル可能!
(かかるコストは実費分のみ)
WEBから申し込む
お問い合わせ